レイクアルサを利用限度額まで借りる場合はいくらになる?

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

審査時間の長さですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査時間の短さは非常に高いです。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的にレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としているレイクALSAの方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

レイクALSAの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

一方、パソコンやスマホからの申し込みではサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

レイクALSAのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので審査時間が短く利用することができます。

引用:レイクアルサ利用限度額、利用可能額は?レイクアルサ即日審査【スマホ対応】

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

レイクALSAのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

消費者金融と銀行の違いは審査時間の長さが異なるという点です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安い、審査時間が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますとどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、レイクALSAの一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。