ニキビはプロアクティブがやっぱりいいの?

近頃、重曹を使ってニキビケアのプロアクティブができるという話をよく聞きます。
弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができ、にきびの改善につながるのではと期待されているのです。
ただし、重曹には研磨効果があるので、洗顔に使うと肌を傷つける可能性もあるため、試す時には、注意を払って行いましょう。
ニキビが前髪のあたる辺りにたくさん出てしまった時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。
先生に、薬を出しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。
ステロイド系の塗り薬の効果は抜群ですが、肌には強いので、患部が治ってきたら塗る回数を少量にしていく必要があるそうです。
ニキビを搾り出すと、膿がそこから出てきます。
さらに潰してしまうと芯が出てきます。
これがニキビの元となるのですが、無理やり潰して芯を出すことはあまりお勧めできることではありません。
無理に潰すわけですから、また一段と炎症は広がることとなります。
ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。
にきびで悩んでいるからといって洗顔をし過ぎてしまうと、必要な油脂をも洗い落としてしまい、かえって逆効果になります。
どんなに多く洗っても洗顔は一日に二回程度にしましょう。
大切なのは十分に洗顔料を泡立て、肌に直接手を触れずに、あくまで泡自体で洗顔を行うこと、さらに洗顔後は即保湿を行うことです。
ニキビと食事内容は密接につながっています。
正しい食生活をすることはニキビに良い影響を与えることにもなります。
野菜を中心とした食事メニューにして、ビタミンやミネラルを意識して摂取しましょう。
野菜に多く含まれる食物繊維は、便秘解消という観点でも、ニキビの減少につながります。