為替におけるポンドの特徴は?

ヨーロッパに位置指定ながらヨーロッパ統一の通貨ユーロを使わないイギリスは、イギリスポンドという独自の通貨をキープしています。
イギリスはヨーロッパと深い関わりがあるため、ユーロの変動によってイギリスポンドも大きな影響を受けることが多いようです。
ポンドを発行しているイギリスは国民一人当たりのGDPは日本と同じぐらいのレベルですが、経済規模は日本の半分ぐらいしかありません。
これはイギリス経済は常にインフレ傾向があるだけでなく、イギリス経済が個人の消費に大きく頼っていることを意味しているとも言えるようです。
ちなみに最も流通量が多いのはアメリカドル、その後にユーロ、日本円と続いてユーロは4番目です。
イギリスは経済的にも安定していますし流通量も多いので、FX取引ではメジャー通貨として初心者でも安心して取引できる通貨のひとつとして人気があります。